2013年11月アーカイブ

家族で温泉

| コメント(0) | トラックバック(0)

20131123

久し振りに草津温泉に行きました。

以前は年2回家族で訪れていましたが、近年は一緒に過す時間が取れず

やっと実現ができました。

 

行きは関越道を走り赤城高原PAで軽い昼食をとりました。

13.11.23.赤城高原PA.4.JPG

関越トンネル方向を望むと雪で覆われている谷川連邦が良く見えま

す。

 

13.11.23.谷川岳5.JPG

 

落葉の赤城高原。

 

13.11.23.赤城PA.10.JPG

 

群馬県渋川で高速道を下りて吾妻渓谷沿いに進み途中の吾妻高原よ

り浅間山を背に。

 

2013年11月23日吾妻高原73.JPG

 

鬼押し出しに着ました。

浅間山の大噴火(天保年代)で溶岩が流れ出た高原です。

 

2013年11月23日鬼押し出し604.JPG

 

溶岩の隙間からでる湧き水で清める私の大切な宝娘です。

 

2013年11月23日尾に押し出し621.JPG

 

草津温泉に着きました。

 

日本の温泉旅館は情緒があり癒してくれます。

 

13.11.23.草津温泉.658.JPG

 

此処の温泉街は海抜1000m以上の高地で夜は気温も下がり、着替え

て散歩に出てみました。

 

湯煙が舞い上がる湯畑の夜景です。

 

13.11.23.夜の湯畑667.JPG

 

2013年11月23日草津温泉675.JPG

1124

朝の湯畑は人通りも疎らでゆっくりと見て歩くことできます。

 

環境が整っており由緒ある温泉地ですね。

 

2013年11月24日湯畑0695.JPG

源泉が湧き出ている湯畑

13.11.24.草津湯畑08.JPG

訪れた著名人が刻まれている。

⑬.11.24.朝の湯畑707.JPG

夜と違い朝は湯煙も少なく源泉が流れているのがよくわかります。

草津温泉湯畑03.JPG

草津を後にして軽井沢方面に向かう途中、正面に浅間山を望む道路で

雑木林が綺麗で思わず写した1枚です。

 

⑬.11.24.車中浅間山719.JPG

 

今日の浅間山は晴れてよく見えます。

 

2013年11月24日浅間山721.JPG

 

噴煙が立ち上がる瞬間です。

 

2013年11月24日噴煙的浅間山723.JPG

流れた溶岩がよくわかります。

13.11.24.噴煙浅間山724.JPG

軽井沢よりから見た浅間山

13.11.24.軽井沢側の浅間山730.JPG

右側が溶岩の鬼押し出し側で正面は細かい砂が吹き出た軽井沢寄り

で写しました。

13.11.24.浅間山を背に732.JPG

上信越道の小布施PAより滋賀草津方面の風景です。

 

雪化粧の浅間山が此方からも望めます。

 

滋賀高原742.JPG

 

私の生まれた中国桂林も山水風景で綺麗ですが、日本は隅々まで空気

 

が綺麗で木葉にほこり等が付着していません。

 

結婚して住んで良かった!私の実感です。

 

お客様訪問

| コメント(0) | トラックバック(0)

20131117

三条から関越道を走り途中、群馬県高崎市から北関東自動車道に乗

り継ぎ、お客様(北関東在住)のお住まいに訪問させて頂きました。

 

平地と違い県境のスキー場は積雪があり冬の訪れを実感し、関越

トンネルを抜け小春日和の休日に伺えました。

 

北関東自動車道を走行中です。

2013年11月17日お客様訪問 001.jpg

途中こんな光景が目に留まりました。

お子さんが柿の実を竿でもぎ取る和な姿を見て懐かしく想う自分の

年齢を感じさせられました。

2013年11月17日お客様訪問 005.jpg

小川の畔で親子連れが一緒に楽しむ姿は良き家庭を築いた証ではな

いでしょうか。

 

2013年11月17日お客様訪問 007.jpg

 

日本は大都市を除けば自然に恵まれ住むには最適な環境と私は思います。

 

国際結婚で中国より嫁いだお嫁さんは最初に戸惑うかも知れませんが、

慣れてくると生活面に変化が出てきます。

 

2013年11月17日お客様訪問 009.jpg

 

多忙な休日の中、快く迎えて頂きました。

 

結婚相手に私共の桂林女性会員を選んでいただき訪中日程のご説明を

させて頂きました。

快く賛同して頂き、ご自身の家庭環境や生い立ちなど教えていただき

ました。

 

世間常識を持ち男らしく誠実感をお持ちの方で安心しました。

又、趣味や特技も沢山習得しており選んで頂いた会員は幸せ者と、

実感しました。

 

2013年11月17日お客様訪問 020.jpg

 

環境的や立地条件がよく高速道路や新幹線駅もあり利便性に最適な

お住まいと思いました。

 

2013年11月17日お客様訪問 026.jpg

 

素朴さある光景がたまりません。

 

 

2013年11月17日お客様訪問 022.jpg

 

(細かい性格の方は女性に敬遠され家庭を築くには無理が

 あるように思われますが、如何でしょう。)

 

帰りの高速道です。

2013年11月17日お客様訪問 030.jpg

 

関越道の前橋を通過して間もなく渋川です。

 

2013年11月17日お客様訪問 033.jpg

 

県境の山並みが見えてきました。

 

2013年11月17日お客様訪問 038.jpg

 

雪の谷川岳の真下に関越トンネルが通っています。

 

2013年11月17日お客様訪問 043.jpg

 

抜けると、「そこは雪国だった」川端康成の小説にある有名な一説です。

越後湯沢の岩野原スキー場です。

 

ここから自宅まで1時間20分のドライブで着く頃は夕方の暗い頃の帰宅で

しょう。

2013年11月17日お客様訪問 048.jpg

間もなく冬将軍が訪れる季節になります。

お別れです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

20131115

桂林とも今日でお別れ!そんな想いで中心広場に散歩に行きました。

人通りの少ない寂しい立冬の朝です。

13.11.14中心広場.jpg

午後13時に車で桂林空港まで送って頂きました。

2013年11月15日帰国的桂林空港1.jpg

搭乗ロビーの外は1430発(MU5382便)が待機しています。

桂林~上海浦東まで2時間10分のフライトです。

13.11.15.搭乗ゲート 3.jpg

暗い上海に到着です。

13.11.15.上海浦東到着5.jpg

上海浦東国際空港内にある今晩の宿泊ホテルです。

第一ターミナルと第二ターミナルの中間にある便利な所にあります。

13.11.15.今晩のホテル7.jpg

私の部屋です。

13.11.15.今晩の私の部屋9.jpg

部屋から見た夜の浦東国際空港。

明日は家族が待っている我が家に帰れます。

そんな夢を見て休みます。

13.11.15.部屋から見た浦東6.jpg

1116

おはようございます。浦東の朝です

今日は新潟に帰れますよ、嬉しいですね。

13.11.16.朝の浦東空港10.jpg

搭乗ゲートからバスで(MU295便)駐機上まで移動し搭乗です。

右に少し写っているのが新潟行きです。

13.11.16.右が搭乗便です1.jpg

この便はエアーバスA319少し小型の機種です。

搭乗です。

新潟空港には主人が迎えに出てくれる予定です。

13.11.16.搭乗です。13.jpg

中国上海浦東国際空港 再見!

2013.11.16.MU295便12.jpg

妻が乗っているMU295便が見えて来ました。

2013年11月16日MU295便着陸14.jpg

1310分 新潟空港に着陸の瞬間です。

13.11.16.着陸MU295便1.jpg

ゲートに着ました。

13.11.16.到着0 2.jpg

家内が桂林より帰ってきました。

妻の帰国です14.jpg

ご苦労様でした。

2013年11月16日お帰り.1 5.jpg

だんな様の運転で我が家に帰ります。

お疲れ様でした。

2013年11月16日新潟空港帰国1 6.jpg

師走の中旬より桂林に訪中予定があり中国で新年を迎えるそんなすれ

違い生活の私たちです。

女性会員

| コメント(0) | トラックバック(0)

2013119

桂林も残すところあと僅かで日本に帰る予定です。

 

今日は新しく入会したお嬢さんと一緒に写真撮影や日本男性との国際

結婚について条件や心がまえ、環境文化の違えなど私が体験した例を

説明し、和やかに時間を過しました。

 

私のご紹介する女性は世間で批判されるよな中国人ではありません。

社会的常識ある心優しいお嬢さんやお姉さんが入会しております。

 

私と一緒に。

 

2013年11月9日女性会員6.jpg

 

13.11.9.桂林女性会員9.jpg

私と一緒に

2013年11月9日女性会員と 5.jpg

13.11.9.桂林女性会員7.jpg

13.11.9.桂林女性会員 11.jpg

13.11.9.桂林女性会員10.jpg

4名のお嬢さん 宜しくお願いいたします。

自作撮影を証明するため、私の写真を記載しました。

他と違い、全て自我撮りです、ご安心ください。

2013年11月9日 8.jpg

 

着替えて帰宅中の街路地に咲いている花です。

寒々した寂しい花びらが何かを伝える、そんな気がしました。

 

11月的花.2.jpg

頭上の花です。

13.11.9.桂林の花1.jpg

結婚披露宴

| コメント(0) | トラックバック(0)

2013116

お客様(首都園)と桂林女性会員G-12641さんの結婚披露宴です。

初婚同士の若い新郎新婦さまの誕生です。

 

司会者に心境を聞かれ、照れ気味の新婦様に代わって花嫁さんが助け

る夫婦愛は素敵ですね。

 

私が撮影しました。

13.11.6.桂林結婚 5.jpg

皆様にご挨拶

2013年11月6日披露宴 4.jpg

照明の演出で純白のウェデングで身を包んだ花嫁さんがより綺麗に浮

かぶ。

 

13.11.6.桂林挙式. 7.jpg

綺麗な新婦さん

 

2013年11月6日桂林披露宴.6.jpg

宴席のお客様

13.11.6.披露宴3.jpg

総勢130名様の挙式でした。

13.11.6.結婚式 1.jpg

お幸せに。

13.11.6.新郎新婦さま20.jpg

今回はカメラマンに徹して脇役に回りました。

前回は余にも目立ちすぎで反省しておりますが、企画内容により表面

に出る場面や専門係りに委託する場合もあります。

みかん狩り

| コメント(0) | トラックバック(0)

2013113

日頃お仕事に協力戴いている皆様と一緒に郊外(空港方面)の農村

に行きました。

 

桂林はみかんやオレンジ、金柑やザボンなどの生産地です。

温暖地方特有の甘いのが特徴で、値段は日本の5分の一の安さです。

2013年11月3日ミカン狩り.69.JPG

懐かしい石積みの上に砂利と土で混ぜた壁(外壁)の古民家は現在も

農村に多く見る事ができます。

 

幼少期時代の中国は皆、同じ家に住んでいましたが経済発展に伴い生

活も豊かになり近代的住宅が建ち並ぶ農村も多くなりました。

 

2013年11月3日農村で6.JPG

完熟した蜜柑を摘み取る。

2013年11月3日みかん狩り.1.JPG

1860.JPG

 

蜜柑畑の隣の落火生(南京豆)畑で食べるだけ抜き取り、お土産に

持ち帰りました。

 

13.11.3.南京豆71.JPG

 

実は根元に付いて成長します。

南京豆881.JPG

 

一緒に夕食です。

楽しい一日を過す事ができました。

 

13.11.3.ミカン狩り夕食.85.JPG

結婚式

| コメント(0) | トラックバック(0)

20131029

お客様(九州地方)と桂林女性会員G-13702さんの披露宴の様子です。

花嫁さんの着付けに立ち会いました。

私の背後でお化粧を直して戴いている花嫁さん。

2013.10.29.結婚準備802.JPG

純白のウェデングドレスがよく似合う素敵なお嬢さん。

 

13.10.29.804.JPG

 

お客様をお迎えする新郎新婦さん。

 

一緒に1817.JPG

 

ご両親様と一緒に記念撮影。

 

2013.10.29.結婚式666.JPG

 

お二人に礼拝。宜しくお願いします。

 

10.29.二人に礼拝710.JPG

 

お色直しは赤いドレスに着替えて二人でお客様のテーブルにご挨拶に。

 

13.10.29.お色直しお二人733.JPG

 

お客様と乾杯!おめでとうございます。

 

13.10.29.披露宴740.JPG

 

赤い寝具に包まれた初夜のお部屋です。

お幸せに。

13.10.29.初夜の寝具801.JPG

 

1030

 

結婚式も無事に済ませ、お客様の桂林滞在、最後の夕食に私は同席い

たしました。

あっという間の56日の日程も明日が帰国と短い期間を緊張しながら

サポートしてきました。

 

夫婦で過ごした桂林は大切にしてください。

 

13.10.30.最後夕食1821.JPG

 

1031

 

お客様が早朝の便で上海経由で帰国の為、奥様と一緒に桂林空港まで

お見送りに行ました。

日本での再会を誓い、名残惜しいが暫しの我慢です。

 

2013.10.31.空港見送り1831.JPG

 

私も記念に一枚、道中ご無事でお帰りください。

 

お世話になりました。

 

2013.10.31.空港で2.JPG

 

お見送りも無事務め、空港の駐車場で一息付く、

 

10月も今日で終わり、明日から11月、一組のお仕事を済ませて中旬前

に早く日本に帰りたい!

 

そんな気持ちの私です。

13.10.31.空港駐車場3.JPG

私たちはお客様の桂林でお見合いや結婚式のご紹介を全てはできません。

ご理解戴いた資料を記載させて頂いています。

現地、桂林での行動が少しは皆様にご理解戴けたら幸いです。

 

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28