2015年2月アーカイブ

ハルピン空港

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015.2.18

春節の影響で経由便に余裕がなく一旦、新潟に帰国して、別便で桂林

(結婚式)に向かう予定で早朝の中国南方航空(CZ615便)0805離陸

です。

氷点下の厳しいハルピン太平国際空港前で。

 

2015.2.ハルピン空港8.JPG

出発20分前に搭乗しました。

機内よりターミナル方向を写しました。

2015.2.機内1.JPG

北国では氷点下18℃位で飛行機の翼(表面)が凍結すると飛行不能の

原因となる為、ホースで液体をかけて解凍してから離陸です。

 

寒さの中、作業する方にご苦労様です。

 

2015.2ハルピン空港5.JPG

定刻で離陸しました。

眼下に凍り付いた松花江が!来月まで暫しのお別れです。

2015.2ハルピン離陸7.JPG

あっという間に日本海上空に指しかかりました。

日本海.JPG

新潟中央競馬場近くで旋回して高度を下げた状態の一枚です。

 

2015.2着陸前競馬場3.JPG

 

阿賀野川を越えれば新潟空港に着陸です。

2時間10分のフライトでした。

 

2015.2着陸寸前4.JPG

2月的中央大街

| コメント(0) | トラックバック(0)

お客様と黒龍江省女性会員の結婚登記も春節前に済み、久し振りに

中央大街を歩いてみました。

 

ハルピンで一番の観光地は氷点下でも多くの人で賑わいを見せてい

ました。

春節の飾り付けや氷的像が歩道に設置されて冬の風物詩そのもので

す。

2015.2中央大街2.JPG

氷で造った像が多く設置してありました。

 

2015.2的中央大街.JPG

 

何回訪れても中央大街の西欧の建築様式は素晴らしいですね。

 

2015.2.17.中央大街9.JPG

 

氷で造った建築物。

 

2015.2.17.石造4.JPG

 

北国なら出来る氷細工。

 

ハルピン氷的像8.JPG

 

ハルピンの日没は早く16時を回ると灯りがともる。

 

2015.2.中央大害9.JPG

 

すっかり暗くなりました

 

2015.2.師走夜44.JPG

 

寄り添うカップルさんには絶好の場所ですね。

 

2015.2.師走的大街5.JPG

 

ライトアップで浮かび上がる中央大街

 

2015.2.夜的中央大街0.JPG

 

夜的石造.JPG

 幻想的氷像

 

幻想的氷3.JPG

寒さの中、心身とも冷えてきたので散歩も終わりです。

2015.2.師走的中央大街6.JPG

金王朝

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015217

中国北方を支配した女真族の王朝、歴史上の金王朝(満州族)

訪ねてみました。

 

金朝が黒竜江省の南部、ハルビンより23km阿城区南白城会寧県に

金王朝の都城と定め上京会寧府を設け四代38年間にわたって都城と

された後に中都燕京(現在の北京市)へ遷都(遷した)。

 

現在当時の城壁と皇城の遺構は比較的よい状態で保存され、亜溝石刻

完顏阿骨打陵等の金代初期の遺跡を見学しました。

 

2015.2.17.金朝皇帝6.jpg

 

2015.2.17.jpg

中国黒龍江省ハルピン市阿城区金上京歴史博物館にある金朝城の模型

です。

都を中都燕京(北京)に移す時、家臣や民衆は故郷を離れることを嫌

がり 仕方なく皇帝は城内全てを焼き尽くして一族郎党を引き連れて移

動した歴史的都です。

2015.2.17.金王朝1.JPG

金上京の都(城内)平面図です。 金王朝城内.jpg

完顔阿骨打の像(頭蓋骨を復元した)

 

満州族初代皇帝4.JPG

 

当時の城壁跡が四方に広がっており広大の都が偲ばれる。

 

2015.2.17.金王朝跡.JPG

城壁跡

 

2015.2.17.金王城跡.JPG

 

城壁跡が続いてる

 

2015.2.17.城壁跡.JPG

 

 

城壁跡0.JPG

 

当時の城壁内でいかに大きな宮殿が立ち並び権力の大きさが想像で

きます。

 

金王朝跡3.JPG

 

2015.2.17.金王城壁2.JPG

 

城壁の堀があったところに小さな川が流れており古橋を渡って陵墓

遺跡など見学が出来ます。

 

金王朝跡.JPG

 

城壁の外側に丘に並行して陵墓があります。

 

2015.2.17.金王朝.JPG

 

2015.2.17.金朝墓所.JPG

 

皆様、皇帝の守り神竜の足指は何本かご存知でしょうか、

北方の金王朝は皇帝龍の指は3本で南宋(南方)は4本だそうでう。

 

金3.jpg

 

初代皇帝の墓陵です。

 

2015.2.17.皇帝墓所1.JPG

 

金朝墓稜2.JPG

 

白い大理石に彫られた龍が雪に埋もれている。

 

2015.2.17墓稜.JPG 

 

2015.2.17.金王朝初代墓稜.JPG 

 

石的亀は建立当時の守り像です。

 

2015.2.17.墓所的守り亀.JPG

 

前方は入ってきた陵墓門です。

 

皇帝墓所9.JPG

 

陵墓の横道を行くと地下に皇帝が眠っている安置(墓)所がありま

す。

 

墓所横道.JPG

 

地下には2階があり一番下の左の部屋は皇帝の愛馬の像と壁には当時

の像が埋め込まれて保存されています。右側の部屋は皇帝が移動に用

いた馬車が保存されていました。

 

2015.2.17.地下的皇帝安置.JPG

 

地下的皇帝愛馬.JPG

 

地下的墓4.JPG

 

中央の部屋は金王朝(満州族)初代皇帝が眠っている石棺が安置さ

れています。

 

2015.2.17.皇帝石棺.JPG

霊廟でお参り

IMG_1587.JPG

2015.2.17.金的皇帝0.JPG

家臣に護られている当時の装飾など良く分かります。

2015.2.17.金王朝霊廟.JPG

霊廟3.JPG

阿什河(旧名は阿勒楚喀河)が市域の中部から流れ、西部には張広

嶺の西麓の山地、東部には松嫩平原が広がり1年の平均気温は3

降水量は518mm。住民の15%が満州族のようです。

2015.2.17.金朝遺跡7.JPG

満州族は長い歴史をもつ民族で、その祖先は2000前の粛慎人までさかのぼり

漢代に「挹婁」、北朝期に「勿吉」、隋唐代に「靺鞨」と呼ばれ、その後の

北宋~明代に女真族へと発展したそうです。

 

従来、長白山以北の黒竜江の中・下流、ウスリー川流域の広大な地域で暮らし

ていたようです。


1583
年、建州女真族の首領であったヌルハチが女真族の各派を統一、八旗制

度を創設して、1616年に金王朝を建国した。

ヌルハチ.jpg

八旗制度は政治、軍事、生産という三つの面の職能を持ち、満州族社会の根本的

な制度となり満州語を作り、1635年に、民族の呼称を「満州」とした。

 

1636年には皇太極が帝となり、国号を清と改称した。


1644年、清の軍隊が山海関の内側に入り、政権を奪取し北京に首都を定めた。

 

2015.2.17.金城3.JPG

 

満州族は学問を重視する傾向があり、文人も多く輩出している。


満州族独特の民族衣装に"旗袍"「チーパオ」(チャイナ服)がありヌルハチが八旗制度を

制定した際に"旗人"の公式装束として定めた為についた名前だそうです。

 

清代の宮廷料理として、"満漢全席"も有名です。

近くに祖先を偲び祈願する為このような寺院を建立して多くの方々

がお参りに来るそうです。

金城付近寺.JPGのサムネール画像

私もお参りをさせて頂きました。

 

2015.2.17.寺参拝8.JPG

2015.2.17参拝.jpg

当時のハルピンは小さな漁村で此方の阿城が栄えていた当時の風景が

空想ですが浮かんでくるようです。

 

やはり地形的にも狩猟民族(満族)で原野(林)が多く狩りをするに

は適した大地であったようです。

 

結婚登記

| コメント(0) | トラックバック(0)

20152

民生局は結婚登記で午前中に訪れた私達を含めて二組、休日前日

為かガラガラ!

 

民生局_1533.JPG

 

誰もいない待合室

 

民生局_1536.JPG

 

中国も春節(3日前)が近くなると国内、国際結婚の申請も暇のよう

で私達にはムーズに済みました。

 

結婚登記_1535.JPG

 

街は春節前の飾り付け用品を扱うお店で賑わいを見せている。

明後日(18日)が大晦日、間もなく新年だ。

IMG_1545.JPG

 

聖祖ソフィア教会広場も何時もより人が少ない。

IMG_1552.JPG

2015216

此方の中国東北部は摂氏-17℃と寒いが湿度が無く、好天に恵まれ

た北国です。

土曜の休日を利用して新規女性会員さんを募集しました。

 

近年、中国女性との結婚は難しい!と、良く耳にしますが間違った

情報です。

お互いを尊重し会える無理のない年齢差を理想と考え、純粋に日本

人男性との国際結婚を求めて入会する女性の増加傾向にあります。

 

ご紹介する下記の女性会員は私が直接会って一緒に撮影しました。

仲介者から渡った写真ではありませんよく確認してください。

 

▪ K-15302:1987年7月29日生まれ(27歳)初婚 身長:161cm 

体重52kg 高卒

言葉使いも優しい真面目なお嬢さんです。

 

K-15302.JPG

K-1538:1991年2月2日生まれ(24歳)初婚 身長162cm 体重50kg

高卒

明るくて愛嬌のある誠実間溢れる娘さんです。

K-1538.JPG

女性会員さんと一緒に食事取りながら理想の結婚感等話してもらう。

DSC_0090.JPG

野外で午後の撮影です。

凍り付いた路面の雪と氷点下の北国で明るく育った素直な娘さんです。

 

DSC_0095.JPG

 

K-15353.JPG  

K-1535:1986年4月16日生まれ(28歳)再婚 身長161cm 体重50kg

明るい家庭的な女性です。

 

家庭的で誠実な方を希望しております。

K-1535.JPG

K-1636:1972年1月9日生まれ(43歳)再婚 身長158cm 体重50kg

 高齢者様(60歳~75歳までOK)の理想に適うと思います。

 

K-1536.JPG  

▪k-1533:1988年9月25日生まれ(26歳)再婚 身長160cm 体重50kg

スリムなスタイルで大人しい優しさが見受けられました。

K-1533.JPG

 

K-15301:1989年9月29日生まれ(25歳)初婚 身長155cm 体重42kg

 

気遣いの出来る明るい綺麗なお嬢さんです。

宜しくお願いします。

 

K-15301.JPG

k15391978年3月13日生まれ(36歳)再婚 身長163cm 体重52kg

 

優しい高齢者様を希望しております。

 

K-1539.JPG

 

K-1537:1989年4月4日生まれ(25歳)初婚 身長162cm 体重47kg

 

誠実で大人しい優しい家庭的な娘さんです。

宜しくお願いします。

K-1537.JPG

K-1534:1971年9月6日生まれ(43歳)再婚 身長158cm 体重49cm

 

高齢者様(60歳~75歳まで)の理想に適うと思います。

家事や料理が得意だそうです。

K-1534.JPG  

 

     

黒龍江省で結婚

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015215

お客様(関東地方)と東北三省(ハルピン)女性会員さんの結婚式

です。

春節(19日)前に結婚式を済ませて新年に福を呼び込む!中国では

理想の祝日に良き日を迎えられ心よりおめでとうございます。

 

2015.2.挨拶.JPG

 

新婦さまのご両親に育てて頂いたお礼をお二人で。

2015.2.15.ご両親御礼.JPG

2015.2.15.哈結婚式.JPG

ご親族様の記念撮影に同席いたしました。

2015.2.15記念撮影.JPG

末永くお幸せに!

結婚訪中

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015213

この日の新潟空港は荒れ模様の天候で心配したがハルピンより定刻

CZ615便が到着する。

2015.2.13.哈尔滨より到着.JPG

お客様の中国女性会員と結婚で一緒に訪中です。

搭乗ゲートで

新潟空港2015.2.13.JPG

 

春節前の里帰りで満席です。

2015.2.13.CZ616便機内.JPG

ハルピン空港が見えてきました

着陸態勢ハルピン上空.JPG

風を抱き込み速度を下げてゆく着陸態勢の翼を見てください。

2015.2.13.ハルピン.JPG

ハルピン太平国際空港に到着しました。

2015.2.13.哈尔滨到.JPGのサムネール画像

到着ロビーはで迎えに来た人で混雑していた。

哈出迎え.JPG 

日本と違いハルピンの気温は-16℃と寒い! です。

2015.2.15.哈尔滨.JPG 

次回にお越し下さるお客様より意中の女性会員あてにお預かりした

プレゼントを渡し写真を撮りお客様より確認して頂く為に持ちえて

います。

2015.2.13プレゼント渡す.JPG

 

心優しい気遣いが女性心理的に信頼感が増すでしょう。

  2015.2.13.プレゼント.JPG

食事(晩)も一緒に頂きました。

夕食_1499.JPG

大雪警報

| コメント(0) | トラックバック(0)

201529

上野駅1420発で帰る車中に写した大雪の越後湯沢駅周辺です。

 

大降りの雪で視界不良の様子です。

 

2015.2.9.豪雪的湯沢.JPG

雪国特有の視界

2015.2.9.雪の湯沢温泉2.JPG

自我撮りです。

 

2015.2.9.上越新幹線.JPG

 

昨日と違い悪天候の温泉街です。

 

雪降り湯沢1.JPG

2月13日よりお客様の中国国際結婚を挙げる為、黒龍江省に同行です。

現地の様子を後日ご紹介いたします。

お客様訪問

| コメント(0) | トラックバック(0)

201528

中国国際結婚のご相談で新幹線を利用して首都園在住のお客様に日程

などの説明に伺いました。

 

立春もすぎても寒波は居残り車内から見る越後湯沢は雪で覆われた冬

の風景が実感できます。

 

人影の無いスキー場

 

2015.2.8.3湯沢高原.JPG

越後湯沢温泉街が少し見えてきました。

2015.2.8.湯沢温泉0.JPG 

新幹線の融雪が勢い良く飛び散っているのが分かります。

 

全線が融雪装置のおかげで雪が降り積もっても新潟~東京間は支障

をきたす事が無いようです。

 

2015.2.8.3湯沢駅融雪.JPG

上信越県境の谷川岳トンネルを抜けると群馬県側の利根川上流地域

の風景です。

 

2015.2.8.群馬県境.JPG

上野駅中央口構内にこんなエベントが開催されていました。

 

上野構内イベント.JPG

 

上野駅イベント.JPG

 

上野東京ラインの開通エベントのようです。

2015.2.8.上野駅.JPG

東京は風が冷たくて寒い!

2015.2.8.上野駅前.JPG

お客様の意向をお聞きして中国の訪中日程や女性会員の現況報告など

時間を割いて頂きました。

 

相手を労る言動に温かで誠実な心の持ち主で選んで頂いた女性会員は

幸せ者です。

 

中国女性会員に送る為に写した一枚です。

2015年2月8日.お客様訪問.JPG

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28