国際結婚中国をお考えなら愛福日中交流会にご相談ください、国際結婚の手続き関する必要書類。

中国女性との国際結婚なら愛福日中交流会にご相談ください
トップページ
ごあいさつ
愛福の特徴
登録女性会員
桂林女性
貴陽女性
東北三省女性
国際結婚までの流れ
無料メール交換とテレビ電話
お見合い訪中の日程と費用
お見合い時必要書類
結婚訪中の日程と費用
結婚時必要書類
在留資格の申請
新婚旅行
桂林はこんなところ
南寧はこんなところ
ご成婚写真
地域との交流
保証制度
Q&A
注意事項
会社概要
特定商取引法の表記
個人情報保護方針
お問い合わせ
国際結婚業者の実態
支部の募集および紹介
リンク

愛福日中交流会|結婚手続きに必要な書類

結婚訪中に必要な書類

  • パスポート
  • 戸籍謄本3通(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 住民票2通(発行から3ヶ月以内のもの)※戸籍の表示(本籍及び筆頭者氏名)のあるもの
  • 納税証明書・課税証明書(市県民税納税証明書・源泉徴収票のいずれか1通)
  • 在職証明書、自営業の方は自営を証明するもの
  • 独身証明書(婚姻要件具備証明書)
    • 再婚の場合は離婚届記載事項証明書・死別の場合は死亡届記載事項証明書
    • 在留資格認定証明書の交付申請に必要な書類一式(入国管理局でいただきます)
    • 独身証明書は日本人男性が現在独身であることを証明する書類です。
  • 役所で本人の戸籍謄本・住民票を取得し、最寄の地方法務局へ行きます。
    法務局で「独身証明書」の取得申請をします。再婚の方は「離婚届記載証明書」を死別の方は「死亡届記載証明書」も同時に取得してください。
  • 法務局での申請用紙には結婚をするお相手の住所・氏名・生年月日を記載する欄がありますが、氏名の欄には中国で起用されている文字をそのまま(女性の身分証明書を参照)ご記入ください。
  • 法務局で独身証明書を受け取ったら外務省(証明班)にて公印をもらう手続きをいたします。
    外務省で公印をもらったら中国大使館に行き、公印(認証印)の申請をします。
  • 外務省で独身証明書の公印申請は委任状で代行できますが、中国大使館での公印申請はご本人様が身分証明書(免許証・パスポート)を持参の上、手続きをして後日宅配便にて自宅でお受け取りいただきます。
  • 日本の婚姻届用紙 3通(予備も含めて)

 

※不明な点はご遠慮なくお申し出ください。

ページトップへ